水の防衛隊研修を実施しました!

すっかりご報告が遅くなってしまいましたが、
5月19日〜21日にかけて、平成23年度2次隊の技術補完研修として、
水の防衛隊研修を行いました!

19日は、協力隊保健師隊員として
コート・ジボアールで活動してきたOGから
アフリカの水事情についてのお話を伺いました。



20日は、甘楽富岡地区の水事情について勉強するため
“甘楽多野用水土地改良区”に出向き、
水利組合の仕組みや、日本の水事情の歴史について勉強。



そして、20日夜には東京からJICA職員Sさんが視察に来てくださり、
懇親会を込めて宴会〜★
ちょっとぎくしゃくだったメンバー達もすっかり意気投合し、
盛り上がりました!!

そして最終日の21日には、
実際にアフリカで使われている井戸を触り、仕組みの勉強。



午後はスタッフから水についてのお話し、
そしてJICA職員Sさんからも、熱いエールをもらいました!!



ありがとうございました!

最後には皆へ、理事長からw-satエンブレム授与。





3日間で水の防衛隊研修は終了ですが、
水質検査という技術職種のQ氏が帰られたあと、
引き続き村落開発普及員5人、そして新たに2人が合流し
村落開発普及員技術補完研修に突入しています!

その模様はまた後日お伝えいたします〜!

| 研修 | 11:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
平成23年度3次隊 野菜技術補完研修

こんにちは!
雨の降り続く甘楽富岡です。
なにやら台風が来ているそうですね。

さて、5月8日にやってきた野菜候補生ですが、
無事入校式が終わり、
受入れ農家さんや地元農家さんとの顔あわせも行い、
今日から元気に実習を開始しております!


甘楽富岡農村大学校入校式の様子

顔合わせ会には、受入れ農家さんのみならず、
地元の農業スペシャリストたちも参加してくださり、
物凄く贅沢な夜となりました。



これから、農家さんの胸に思いっきり飛び込んで、
沢山のことを学んでゆくだろう研修生たち。
3ヶ月後が今から楽しみです!

| 研修 | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
平成23年度3次隊 野菜技術補完研修開始!

こんにちは!
ゴールデンウィーク最後の休日、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

こちら甘楽富岡は、ぽかぽかと気持ちの良い気候です。
3月末に植えたジャガイモも、立派に生えそろっています!



また、桜は緑の葉っぱをぐんぐん生やし、芝桜やつつじが満開。


よぉーく見ると、“かんら”の文字が…

畑でもなすの定植が行われたり、綺麗にマルチが張られたり、
来たる季節に備えたわくわく感を全身に感じます!!
さぁ、春本番!いや、初夏本番?!

そんな本日から、
平成23年度3次隊の野菜技術補完研修がスタートします!
今回は3名の皆さんが、今日から3ヶ月、この地で研修を行います。
いったいどんな方々がいらっしゃるのでしょうか?
どんなドラマがあるんでしょうか?
とても、楽しみです。

それでは、今から上州福島駅へ研修生を出迎えに行ってきま〜す!

| 研修 | 11:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
農業と美容

ここ2、3日小春日和を通り越して、夏日な甘楽富岡です。
じゃがいもも一斉に芽吹き、小さな葉っぱでぐんぐん太陽を吸収しています。
大きく育て、純愛じゃがいも!!

さて4月25日〜27日にかけて、
日本でもトップレベルの企業、株式会社 資生堂CSR部から、
6名の皆様が農家調査研修に来てくださいました。

“資生堂”といえば綺麗なお姉さん、というイメージですが、
今回は綺麗なお姉さんのみならず艶肌の男性たちも一緒で、
思わず「男性社員さんも多いのですか?」と
失礼ながら尋ねてしまった大澤でした。

そんな、資生堂の皆さんと、
今回の研修をコーディネートしてくださった
株式会社 かいはつマネジメント・コンサルティングのスタッフさん3名と共に、
地下足袋履いての農業実習、熱く飲み交わした農家さんとの懇親会、など
濃い2泊3日となりました。


気合の地下足袋で農村実習に臨む!

2日目の夜には、農村大学校長や地元の農家さんを囲んでの懇親会で、
「しろかき」という田植えに欠かせない作業は何のために行うか?を深く考えたり、
ずばり「農家としての強みはなんだと思うか」という問いかけをしてみたり、
はたまた、いちご農家に欠かせないみつばちの奥深い世界に思いをはせたり、
笑いの絶えない夜となりました。

そして、最終日にはそれぞれの調査結果をSWOT分析し、発表。



たった1日の調査実習だったにもかかわらず、
するどい洞察力と的確な分析がなされており、
資生堂さんの力量を目の当たりにさせていただきました。
企業で培われた眼力が、農業に活かせることも多いのですね。

今回は、こちらも本当に学びの多い研修となりました。
資生堂の皆様にとっても、いつもと全く違う分野での経験、調査が
お役に立てることを願いつつ、今後のご活躍を期待しております。

そして、また何かの形でご一緒できる日を楽しみにしております!



株式会社 資生堂の皆様、
株式会社 かいはつマネジメント・コンサルティングの皆様、
どうもありがとうございました!

| 研修 | 13:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
旅立ちの日

こんにちは!今日は曇り空の甘楽町。
春はすぐそこ、と思ったらまた寒い一日です。
でも梅の花は、寒さをふわりと優しい気持ちに変えてくれるようです。


さて、先日2月26日に村落研修が終了しました。
2月6日から約3週間、休みなく学んだ研修生たち。

個別研修ではそれぞれが任国に派遣されたことを想定して、
農家や酪農家、直売所での実習を行いました。






そして2月25日には、それぞれの学びを発表。





最終日には、駆け抜けた日々の総括と感想を話し合いました。


私もクロージングに向けて、今回の研修を振り返っていたのですが、
もう一度、こんどは少し違う立場から研修に参加しながら改めて気付いたことがありました。
それは「この技術補完研修は、ただの“協力隊技術補完”に留まらない、
これからの長い人生を乗り越えていく力や、
生きていくことの醍醐味を学べる何かがある」ということです。


研修生達も同じように感じていたのでしょうか。
振り返りでの皆の表情は、単に研修が終わったという晴れやかなものではありませんでした。
研修を通して、自分もうすうす気が付いていた弱い部分を改めて見せ付けられたり、
“出来る”と思っていた自信のある部分がうまくできず、新たな課題を発見したり、
そこには、これから“向き合うべき自分”を見つけて帰る研修生の姿がありました。


私は、それこそがこの研修のもつ最大の魅力なのではないかと思います。
今見えてきた自分の弱さは、必ず任国に行って出ます。
もしくは途上国に行かなくても、自分の弱さと向き合わなければならない時は絶対来るはずです。
これからの人生でずっと付き合っていく自分だから。
なら、思い切ってそんな弱い自分を見据えてみることが、
今まで知らなかった自分を引き出すきっかけに繋がるのかもしれません。


そんなことを思いながら、研修生との最後の時間を過ごしました。

本当に、私にとっても大きな学びになった今回の研修。
みんながいなくなった事務所はがらんとして淋しい…なんて弱音は吐かず、
笑顔で旅立っていったみんなが、任国で楽しく自分らしい活動をし、
ひとまわり大きくなった笑顔で、寺子屋事務所の扉をがらっと開けてくれる日を楽しみに、
私もがんばろうと思います!


| 研修 | 16:51 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
甘楽冬景色

 こんにちは、
甘楽は今日も健やかです。

しかし、昨日の朝は様子が違いました。
やけに静かだなーと思って外を覗けば、雪!

こんな雪景色が甘楽で見れるなんて…


そんな中も、村落の研修は続いております。

甘楽町長、JA甘楽富岡への表敬、

地元を支える町おこしマイスターや農業のプロからの話、

そして、実際の農家に出かけて農業実習。




私も、もう一度しっかりかみ締めながら聞いています。
3年前に同じ話を聞いているはずなのに、何度聞いてもまた違った味があるんです。
話をして下さる皆さんの人生がこもった深い話だからこそ、心に響くのでしょうね。

また、夜ごはんを研修生と食べて下さる方も…

「インフォーマルな場所でこそ本音が聞けるんだぞ!」という代表の言葉を握り締め、
お酒が入りつつもしっかりとメモしている研修生もいました(笑)

さて、今日はどんな発見が、学びがあるのでしょうか。
午後も、カメラを握り締め行ってきます!!

| 研修 | 12:51 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
群馬のブラジルタウン
ボンジーア!
生産部の高木です。
今日は生産部のカルメリータ氏の案内で、
日本最大のブラジルタウンである大泉町を視察に行きました。

実は前からブラジル風味の加工品を作っていきたいなぁーって考えていて、
純愛商品であるココナッツ入りニンジンペーストとかも、
ブラジル風にアレンジした商品なんです!

そんなこんなで、新商品開発のためさっそく町中のスーパーへ直行。


中に入ると、あの独特の海外の雰囲気が漂っていて、陳列棚もポルトガル語。
日本にいながらブラジルに来た気分が味わえる空間ですね。

さて、こちらはトウモロコシのヒキワリ。


日本ではあまり見ないですが、
中南米ではトルティーヤなどトウモロコシ粉を使った料理が一般的で、
ブラジルでもお菓子やパン生地などにモロコシ粉を使います。
ただ実は群馬県ではモロコシ粥という郷土料理があり、
昔からトウモロコシを利用していました。

寺子屋でも今、モロコシ粉やトウモロコシを使ったかりんとうを作っています。
今日の視察を生かし、今後さらにモロコシ粉を使った加工品を開発していきたいと思っています。

高木
| 研修 | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
すでに走っています


10月30日に水に関する研修が終わりましたが、
11月1日より青年海外協力隊、村落開発普及員の技術補完研修が始まりました。
今回の研修生の数は、なんと13人!!

今日は、初めての農業実習でこんにゃく芋掘りを行ないました。
冠雪している浅間山、妙義山を望むこんにゃく畑での作業は、さぞや疲れたと思いますが、
農作業と農家さんの動きや話しを通じて、農業というものをかいま見れたことと思います。

当研修は21日まで続きます!


| 研修 | 18:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
水の研修
10月17日から30日までの2週間、青年海外協力隊の「水」に関する研修を行いました。
6名の村落開発普及員と途中から看護士、水質管理1名ずつ加わり、計8人が
ここ甘楽富岡で学びました。

彼は、水の防衛隊(W-SAT)と呼ばれ、現地では主に水に関する活動を行います。
ここでは、甘楽多野用水土地改良区(水組合)についてや井戸、上水道、ポンプ、
土木実習などを体系的に学びました。

今回のメンバーも、キャラがこく、それぞれの持ち場で力を発揮しており、
甘楽多野用水で行なわれた最終発表は、飲み会の合間を縫って積み重なれた
とても内容の濃いものになっていました。

研修生のみなさん、お疲れさま!
また、遊びにきてね!



| 研修 | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |