<< 昼市協力者達 | main | 来週は! >>
群馬のブラジルタウン
ボンジーア!
生産部の高木です。
今日は生産部のカルメリータ氏の案内で、
日本最大のブラジルタウンである大泉町を視察に行きました。

実は前からブラジル風味の加工品を作っていきたいなぁーって考えていて、
純愛商品であるココナッツ入りニンジンペーストとかも、
ブラジル風にアレンジした商品なんです!

そんなこんなで、新商品開発のためさっそく町中のスーパーへ直行。


中に入ると、あの独特の海外の雰囲気が漂っていて、陳列棚もポルトガル語。
日本にいながらブラジルに来た気分が味わえる空間ですね。

さて、こちらはトウモロコシのヒキワリ。


日本ではあまり見ないですが、
中南米ではトルティーヤなどトウモロコシ粉を使った料理が一般的で、
ブラジルでもお菓子やパン生地などにモロコシ粉を使います。
ただ実は群馬県ではモロコシ粥という郷土料理があり、
昔からトウモロコシを利用していました。

寺子屋でも今、モロコシ粉やトウモロコシを使ったかりんとうを作っています。
今日の視察を生かし、今後さらにモロコシ粉を使った加工品を開発していきたいと思っています。

高木
| 研修 | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.terrakoya.or.jp/trackback/1019878
トラックバック