<< 青年海外協力隊野菜隊員候補生技術補完研修に関して | main | 純愛米が出来ました! >>
白石さんマラウイへ行く!
 11月3日(土)文化の日、この日は群馬県民マラソンが開催され、私も参加しました。
気持ちは、フルマラソン?ハーフマラソン?10キロマラソンだったのですが、娘がまだ走れない年頃のため、急遽、モンベル社の背負子に乗せて4キロマラソンに参加しました。勿論、事前エントリーしていなかったためにゼッケンもなく、一般参加者にまざり参加させていただきました。
来年は、息子に喝を入れながら10キロに参加しようと思いました。

さて、本日11月5日(月)、甘楽町の茂原町長と甘楽富岡農村大学校長白石氏が、JICA調査団員としてマラウイに出発しました。青年海外協力隊活動の理解促進ということですが、既に沢山の隊員育成に尽力いただき、育ててきた方々であり、その上、帰国後の隊員を支援する活動にも本腰を入れてくれている方々なので今回の視察は、活動する地域を知ると言った内容も含まれていると思います。

一緒に参加した上毛新聞社の記者さんも優秀な方で帰国が待ち遠しいです!
マラウイで活動している当方の卒業生もきっと首を長くして待っていることと思います。

協力隊活動も2015年で50年を迎えます。半世紀の国際協力を支えてきた素晴らしい事業ですので、多くの日本国民にも理解していただき、ぶれない活動にして欲しいとせつに願います。
常に事業の根幹がぶれているように感じる青年海外協力隊事業・・・これを機に是非、日本型のボランティア事業を確立して欲しいと思います。

| - | 15:14 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
この話を語りだして何年ですかね??とうとう実現ですね!!!凄い!!!語っていたことが少しずつ実行されるからすごいよね〜。町長や校長がどんなこと感じて帰ってくるか聞きたいですね。

我が家もオスプレーの背負子買いました。一番初めに娘背負ってやろうと思っていたのに嫁さんに先を越されたトホホ。。。
| choba | 2012/11/06 2:06 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.terrakoya.or.jp/trackback/1020150
トラックバック