CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
counter
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
<< 量は質を凌駕する | main | シンポジウムを終えて 〜新シルクロードへの創造〜 >>
プレーヤー
昨日、無事シンポジウムが終わりました。3か所をつなぐシンポジウムであり、ある意味シンポジウム駅伝だった気がします。
今回のランナーは、俺だったのかな(笑)ただ、沢山の方々に支えられたのは間違えなし。一人では走りきれない駅伝。
富岡〜八王子〜横浜・・・そして岡谷にもタスキをつないだ気がする。ありがとうございました。

今回を振り返って、久々の「プレイヤー」になった気がする。

現代のような情報化社会で、気をつけなければならないのは、インプット過剰になることじゃないかな?
シンポジウムで「温故知新」をひとつのキーワードとしたが、恐らく現代は、昔の人が一生かかって手に入れる情報を、一日で取得できるどろうな・・・きっと。普通に暮らしていても、膨大なインプットにさらされている気がする。
油断していると、バランスが崩れてくる。
だからこそアウトプットしながら、徐々にバランスをとる。

パフォーマンスは、アウトプットです。
自分や組織というオンリーワンの表現手段を通じて、外にアウトプットしていく活動。

プレイヤーは、アプトプットするためにインプットをする。
アウトプットを意識するだけで、学習速度は、ぐんぐん伸びるような気がする。
プレイヤーは、ノウハウを使うために仕入れ、失敗や成功を重ねながら、「技」として、自分のものにしていく。
行動することで起こる失敗は、単なる次への成功のステップである!←勝手に考える(笑)
そして、行動すると、まわりに「感動」という「引力」が発生する。
この引力には、人や情報が繋がってくる。
1年後、3年後、5年後、10年後、20年後が楽しみである。
アウトプットし続けるプレーヤーでありたい!!


 
| - | 13:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.terrakoya.or.jp/trackback/1020254
トラックバック